荷造り 引越し前 手続き

引越しの荷造り

引越しが決まったら荷造り開始です。
部屋の中の荷物をダンボールに詰めていく作業は大変だし、面倒くさい作業です。
引越し会社によって「おまかせプラン・フルパック」など、荷造りまでも引越し会社のスタッフが行ってくれるプランもありますが、料金は高額になるので自分たちでできること行いましょう。
<ダンボールの中身を明確に!>
ダンボールの中身が分かるように、ダンボールの上・横の面に、簡単に何が入っているのか、誰の物なのか、引越し先での置き場所をペンで大きく書いておきましょう。
作業を行う引越し会社の人のタメにもなりますし、引越し先での作業が格段にはかどります。


<ダンボールに数字記入>
1・2・3・・・」と、ダンボールに数字を書いておけば、引越し先の新居で、引越し作業が終わった後のダンボール総数を確認するのに便利。


<ダンボールの底が抜けないように>
ダンボールをテープで貼り付ける時は、上だけでなく、底面も十字に貼り付けて底が抜けないようにしましょう。
ただ、角などはダンボールを持つ場所なので、持ち運ぶ時にテープで滑る危険があるので、貼り付けないほうがいいです。


<使用しない物から荷造り>
荷造りは使わないものから始めるのが基本です。
せっかく荷造りしたのに必要になってダンボールを空けてしまうはめにならないように、考えながら荷造りしましょう。


<本類(書類)は小さなダンボール箱に>
本(書類)は少なくても結構な重さになるので、持ち運びが楽なように小さな箱に詰めましょう。
引越しのプロに運んでもらうとしても、1人で無理なく運べる重さに抑えることが基本です。


<組み立て式の家具>
組み立て式の家具はバラしてくれるのか?そのまま運んでもらえるのか?を見積もり時に必ず確認しておきましょう。
また、バラすのは自分たちで行うのか?引越し会社のスタッフが行ってくれるのか?なども確認しておきましょう。

ほぼ、引越し業者がバラしてくれて、引越し先で組み立ててくれます。


<冷蔵庫>
冷蔵庫は前日または当日まで使用すると思いますが、最低でも引越しの6時間前には電源コンセントを抜いて、霜取をして、運ぶ時に水がたれないように拭いておきましょう。
引越し日にあわせて、冷蔵庫の中身を空っぽにするように頑張って食べきりましょう。
また、常温で保存できるものは、食品類としてまとめてダンボールに詰め、クーラーボックスがあれば、少量なら新居まで運べる場合もあります。


<洗濯機>
自動洗濯機も引越しの前日までに水抜きをしておきましょう。
基本的な自動洗濯機の水抜きの方法は
1.蛇口を閉めて給水されない状態でスタートボタンを押してホースの中の水を抜く。
2.給水ホースを外す。
3.手動で脱水をする。
4.排水ホースを外す。

※引越し会社のスタッフが行ってくれる場合もあります。


<灯油関連の暖房器具>
石油ストーブや石油ファンヒーターなどは危険物となり、引越しの荷物として運べません。
ですから自分たちで運ぶことになるので、必ずカセット容器(タンク)の中や底にたまった石油(灯油)を抜き、ティッシュなどで拭き取り、電池も外しておきましょう。


<テレビ・ビデオなど>
テレビ・ビデオ・DVDレコーダー・コンポなどのオーディオ類は、ケーブルを抜き、それぞれのケーブルが混ざらないようにまとめましょう。
これらの電化製品の梱包は、引越し会社のスタッフが行ってくれますが、念のため事前に確認しておきましょう。


<パソコン>
パソコンのデータは必ずバックアップをとっておきましょう。
もしも引っ越し時に何かあっても、パソコン代は補償されるかもしれませんが、データはどうにもなりません。
また、パソコンの梱包も引越し会社のスタッフがやってくれると思いますが、事前に確認しておきましょう。


<割れ物(食器類)>
食器類などの割れ物は面倒でもエアークッションや新聞紙で1つずつ梱包していきましょう。
ダンボールに詰める時も新聞紙を丸めたり、エアークッションなどを使って隙間ができないようにしたり、持ち運ぶ時に食器類が動かないようにしましょう。


<エアコン>
エアコンは多くの場合、自分たちで取り外すことが難しいので、引越し会社の人に依頼します。
もちろん取り外しは別料金となるので、事前に確認しておきましょう。


<ピアノ>
ピアノは引越し会社によって搬送してくれる場合と、荷物として搬送してくれない場合に分かれるので、必ず見積もり時に確認しておきましょう。


<貴重品>
現金・有価証券・貴金属(宝石)・貯金通帳・キャッシュカード(クレジットカード)・印鑑・再生不能な物(パソコン内のデータ)・危険物(石油)・腐食物(肉・魚)などは引越しの荷物としては運べません。
他の荷物と一緒にならないように自分たちで持ち運ぶようにしましょう。

リサイクルショップ おすすめ情報

家具家電買取[リタウン]
[リタウン]なら、お住まいのエリアを選んで不用品の買取・リサイクルの依頼ができます。 無料で一括依頼ができるからとっても便利! 家具、家電、オフィス家具、厨房機器、ブランド品から骨董品まで、不用品をリサイクルしてください。

おすすめ情報を見る