退居連絡 引越し前 手続き

管理人さんへの退居連絡

引越し業者が決まり、引っ越し日が具体的に決まると、次は大量の荷造り作業が待っていますが、その前に引越しが決まったら現在住んでいるマンション、アパートの管理者に引っ越しすることを連絡することから始めて下さい。
不動産会社との賃貸契約書には、退居日の何日前(2ヶ月前、1ヶ月前、30日前まで)に連絡っという規定があると思います。
この期日を過ぎてしまって連絡すると、引っ越した翌月分の家賃まで支払うはめになりかねません。
なぜかと言うと、次の入居者を入れなければ空室になってしまうからです。
規定に従って退去日の連絡をしておけば大家さんのほうで、次に入居する人の募集・契約を行え、空室期間なく新しい人が入居することができるからです。

このような退去連絡のトラブルを避けるためにも、どんな手続きよりも先に引越しする予定を管理者に伝え、具体的な引越し日などは決定してから改めて連絡とのことさえ伝えていれば、後々トラブルにならなくてすむと思います。

引越しで出費がかさむ時に住んでもいない家賃を支払うなんてことは何としても避けたいので契約書を確認して、なるべく早く連絡しましょう。
また、新居の家賃は通常、入居可能日から発生するので、一時的に2つの家賃を支払っていることになります。
このように家計を圧迫するような状態を長引かせないためにも、一番最初に管理者に退居を伝えることをお勧めします。

引越しお見積もり おすすめ情報

HOME’S 引越し 見積もり
ネットでも!電話でも!自宅訪問でも!
引越し料金をまとめて比較の「HOME'S 引越し 見積もり」
130社以上から、引越し料金を無料一括見積もりできます。

おすすめ情報を見る