ガス 引越し前 手続き

ガスの使用中止手続き

引越しが決まったらガスの使用中止の手続きを行いましょう。
都市ガスとプロパンガスの場合、止め方が違ってくるので、引越しの1〜2週間前までに手続きを終わらせておくことが理想的ですが、忘れていた場合でも2日前までなら大丈夫です。
ただ、2〜4月の引越しシーズンは特に込み合うので、できるだけ早く手続きを終わらせておくのがよいです。
ガスの中止連絡先は、ガス会社に電話またはホームページから連絡し、必要な情報を伝えます。

●必要な情報
・契約者氏名
・現住所
・お客さま番号(検針結果のお知らせ(検針票・領収書)に記載)
・電話番号(連絡の取れる携帯電話など)
・使用中止希望日(引越し日時)
・訪問希望時間帯(現地でガス代の清算を希望する場合)
・引越し先の住所・電話番号


ガス代の精算は退出時までの料金を日割り計算して支払うことになります。

支払方法としては
●現地で清算
引越し当日に係員が来てくれるように事前予約しておき、当日にガス会社の係員(ガス会社から委託を受けた者)にその場で使用中止(閉栓)をしてもらい、それまでのガス料金を日割り計算してもらい現金で支払う。

●口座振替
ガス料金の支払方法が口座振替(引き落とし)などになっている場合は、口座振替によってガス料金を支払える場合もあります。

●請求書で支払い
引越し日にガス会社の係員に来てもらえない、支払えない場合などは引越し先へ請求書が送付されるので、その請求書で支払う。

※ガス栓を閉める作業についての費用は発生しません。


<新居でガスを使用する場合>
ガス会社に開栓の予約・立会いが必要となります。
電気や水道とは違い、ガスは自分で元栓を開いて使い始めるなんてことはできません。
ガス会社に元栓を開けてもらい、ガスの種類とお手持ちのガス器具が合っているかなどをチェックしてもらいましょう。

引越しお見積もり おすすめ情報

引越し価格ガイド
快適・スムーズに引越し業者を探したいなら「引越し価格ガイド」
簡単なフォームの入力をするだけでお住まいの地域の引越し業者最大10社から見積もりの連絡が届きます。
あなたにあった引越し業者を上手にお探しください。

おすすめ情報を見る