賃貸契約 引越し前 手続き

新居のマンション賃貸契約

引越しが決まったら新居の契約をしなくてはいけません。
新居の契約時に必要な費用として、敷金・仲介手数料・前家賃が必要となってきます。
最近では敷金・手数料不要という物件も増えていますが、新居の契約には思ってた以上にお金がかかるので、旧居の賃貸解約と新居の契約開始日を頭におき、家賃がダブらないよう手続きを進める必要があります。
<家賃の発生日>
契約日をいつにするかは別として、通常なら契約を申し込んだ日から1週間〜10日以内(審査に通った日・部屋が入居可能な状態になった日)に契約が開始、いわゆる家賃が発生してしまいます。
引越し予定日の1ヶ月前に契約が成立した場合、旧居と新居の家賃をダブルで支払しなくてはいけなくなるので、なるべく引越し当日に家賃発生をしてもらえるように上手に交渉しましょう。
もし駄目なら、この日から月末までを日割りで計算した金額になっているか必ず確認し、入居可能日と自分の希望する入居日に大幅なずれがあれば、日割り発生日を遅らせてもらう交渉をしてみましょう。


<入居可能日がずれてしまった場合>
入居可能日が予定通りにいかない場合、一番の問題は家賃の発生日です。
入居日が先方の都合で遅れるのなら、家賃の発生も遅らせてもらうことはできます。


ただ、家賃発生のことを気にしすぎて契約を申し込むのをもう少し待とうと思っていると、他の人が契約してしまう可能性があるので注意しましょう。

引越しお見積もり おすすめ情報

引越し価格ガイド
快適・スムーズに引越し業者を探したいなら「引越し価格ガイド」
簡単なフォームの入力をするだけでお住まいの地域の引越し業者最大10社から見積もりの連絡が届きます。
あなたにあった引越し業者を上手にお探しください。

おすすめ情報を見る