駐車場契約 引越し前 手続き

新居の駐車場契約

引越しが決まったら新居での駐車場契約をしなくてはいけません。
駐車場付きの物件であれば、家賃に駐車場代を加えた額で考えないと、毎月のことなので大きな差になります。
また、引越しに伴い駐車場の住所が変わる場合、引越した日から15日以内に引越し先の所轄の警察署へ「車庫証明の取得手続き」を行う必要があります。
また、軽自動車の場合では車庫証明が必要な地域とそうでない地域があり、必要な地域では普通車と同様に車庫証明が必要になります。

車庫証明は「自動車保管場所証明申請書」を所轄の警察署に提出します。
申請書には保管場所の見取り図と配置図とがあり、自動車登録番号、車名、型式、車体番号などを記入しなくてはいけないので、車検証を持っていくと良いです。
また、保管場所が貸し駐車場の場合は貸主発行の「自動車保管場所使用承諾証明書(賃貸借契約書のコピーでOK)」が必要です。

車庫証明が発行されるまで3〜4日かかるので、申請・受取の2回警察に出向かないといけません。

この2〜3年、駐車場管理者のところへ警察から契約に関しての問い合わせが増えているようです。
駐車違反があった時に、その車両の保管場所標識が有効かどうかを確かめているようです。
法律では、「保管場所を変更した場合は15日以内に届出をする」となっています。
これを怠ると「不届、虚偽届出」は10万円以下の罰金という罰則が定められています。
なので、新たに車庫証明を取得して車検証の住所も変更しておいた方が無難ですし、車庫証明の費用は引越の必要経費と思うしかありませんね。

オーダーカーテン おすすめ情報

カーテンのことならLive Love Life【ライブ・ラブ・ライフ】
オンラインのオーダーカーテンならLive Love Life【ライブ・ラブ・ライフ】におまかせ!
生地見本を無料で送付してくれるから、安心して注文できます。

おすすめ情報を見る