生活設備 引越し前 手続き

生活設備関連の手続き

引越しをするとなると面倒なのが色々な手続きです。
ここでは生活設備関連の引越し手続きについて紹介しているので、参考にしていただければと思います。

生活設備関連の手続きエントリー一覧

管理人さんへの退居連絡
引越し業者が決まり、引っ越し日が具体的に決まると、次は大量の荷造り作業が待っていますが、その前に引越しが決まったら現在住んでいるマンション、アパートの管理者に引っ越しすることを連絡することから始めて下さい。
電気の引越し手続き
引越しが決まったら電力会社(北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・北陸電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力・沖縄電力)に連絡して、引越しの手続きを行いましょう。電力会社への連絡は、当日でもOKですが、余裕を持って1〜2週間前までに終わらせておくとよいです。電気の引越し手続きはホームページからでもできますが、引越し日の2〜3営業日前まででなければ手続きができないので、ホームページから手続きができない場合は電話で連絡するしかありません。その時に、現住所・名前・引越し先住所・引越し日時・お...
ガスの使用中止手続き
引越しが決まったらガスの使用中止の手続きを行いましょう。都市ガスとプロパンガスの場合、止め方が違ってくるので、引越しの1〜2週間前までに手続きを終わらせておくことが理想的ですが、忘れていた場合でも2日前までなら大丈夫です。ただ、2〜4月の引越しシーズンは特に込み合うので、できるだけ早く手続きを終わらせておくのがよいです。
水道の使用中止・使用開始手続き
引越しが決まったら水道の使用中止手続きを行いましょう。水道の使用中止の手続きは引越しの1週間前までに行うのが理想的です。日曜・祝日は受け付けていない場合があるので、遅くても2日前までに行いましょう。
新聞の解約手続き
引越しが決まったら新聞の購読停止の手続きを行いましょう。引越しの1週間前までに契約をしている販売業者(配達業者)に速やかに連絡し、引越し日(配達停止希望日)を伝え、支払方法(精算方法)を確認しておきましょう。
郵便転送届の手続き
引越しが決まったら郵便局で「転居届」の手続きを行いましょう。毎日のように請求書やハガキ、広告などが郵便ポストに届くと思いますが、引越し前にそれらのすべての登録住所を変更するのは不可能です。どんなにチェックしても、必ずチェック漏れが出てくるので、そんな時に役に立つのが、郵便物の転送サービスです。
宅配転送届の手続き
引越しが決まったら宅配業者へ転居転送サービスを申し込みましょう。旧住所に届いた宅急便を自動的に新住所へ無料で転送するサービスで、サービス開始から1年間転送されます。この転送サービスを行っている大手宅配業者は「クロネコヤマト」「ペリカン便」の2社だけのようです。
プロバイダーの解約手続き
引越しが決まったらプロバイダーの解約が必要になります。実際解約をしようと思ってプロバイダのホームページを見ても、解約や退会方法について書いてある箇所は、ほんの小さく載っているだけなので、よく見て探さないと見つけることができません。プロバイダによって、解約方法や手順が違ってきます。そこでよく耳にするプロバイダーの解約方法を紹介します。<Yahoo!BB 退会・解約方法>解約日の選択は、以下のものから選択することになります。@「通常の解約日」 ・・・ コールセンターに解約を連絡した月の末日を解約日と...
ケーブルテレビの解約手続き
引越しが決まったらケーブルテレビの解約手続きをしましょう。営業エリア外に移転する場合は、約10日前までに連絡しなくてはいけません。費用については、月額利用料の日割り計算は行っていないので、月途中の解約でも1ヶ月分の利用料がかかってきます。
新居のマンション賃貸契約
引越しが決まったら新居の契約をしなくてはいけません。新居の契約時に必要な費用として、敷金・仲介手数料・前家賃が必要となってきます。最近では敷金・手数料不要という物件も増えていますが、新居の契約には思ってた以上にお金がかかるので、旧居の賃貸解約と新居の契約開始日を頭におき、家賃がダブらないよう手続きを進める必要があります。
新居の駐車場契約
引越しが決まったら新居での駐車場契約をしなくてはいけません。駐車場付きの物件であれば、家賃に駐車場代を加えた額で考えないと、毎月のことなので大きな差になります。