印鑑登録抹消 引越し前 手続き

印鑑登録抹消の手続き

引越し前の手続きとして印鑑登録の抹消があります。
他の市区町村へ引っ越す場合には、現在の市区町村役所にて管理されている実印の登録(印鑑登録)を廃止しておく必要があります。
●印鑑登録抹消
居住地の市町村役場で行うため、住民票が異動する時点で廃止になります。
ほとんどの市町村では廃止の手続きがなく、転出届とともに自動的に廃止になりますが、印鑑登録証明書は無効となるので、返却すればより確実です。

●届出先
旧住所地の市区町村役所

●届出期限
引越しの14日前から引越し後14日以内です。

●届出者
本人

●代理人提出
代理人でも行えますが、委任状と届出者の本人確認書類(免許証、保険証など)が必要です。


抹消してしまった印鑑登録は引越し先の市区町村役所で登録できます。
転入届を提出する時に実印を持っていれば、再度、出向くことなく一緒に処理ができます。
印鑑登録に時間がかかることはないので、必要になったときに登録してもかまわないと思いますが、印鑑証明は個人が社会生活の中で必要になる種々の手続きや法律行為に用いられ、特に資産の処分や融資の手続きには欠かせないなど、たいへん重要な役割を果たしているので、なるべく早く登録しておくことをお勧めします。

収納用品通販 おすすめ情報

テンマフィッツワールド
収納ケースには長年愛されている「Fits」シリーズはいかがですか?
「天馬」の収納用品通販サイトには、用途に合わせた収納用品がそろっています。
役立つ収納のアイデアもこちらでチェックできますよ!

おすすめ情報を見る