転出届 引越し前 手続き

転出届の手続き

引越し前の手続きとして転出届の提出があります。
国民が受けることのできる生活サービスのほとんどは市町村で行っているので、居住地の市町村に住民票を置いておくことが一般的なので、引越しが決まったら現住所で「転出証明書」を交付してもらい、それを新住所に提出するという手続きを行って下さい。
●転出届け
記入する際には、新居の住所、電話番号などの情報や印鑑が必要となるので、忘れずに転居先の住所等をメモして行きましょう。

●届出期限
引越しの14日前から引越し後14日以内です。
基本的には引越し当日までに手続きを終わらせるのが望ましい。
転出証明書が新住所の市町村役場に提出されると、転出証明書を発行した市町村役場へ連絡がいき、新住所への移動完了となります。

●届出者
基本的には引越しする本人か世帯主が提出します。
転勤などで家族みんなが引越しする場合は、代表者の「妻」が提出することも可能です。
単身赴任者の場合は、住民サービスをどちらで受けるかで判断すべきなので、家族とともに住民票を残しておくことも可能なので、転出届を出す必要はありません。

●代理人提出
転出届は代理人でも行えますが、委任状と届出者の本人確認書類(免許証、保険証など)が必要です。
正式な委任状は「代理権授与通知書」といい、委任する本人が全てを記入し、本人自署・押印しなければいけない。

委任状の決まった書式はなく、必要事項を便箋などに記入すればよい。
市町村によっては、委任状の書式をホームページからダウンロードすることも可能です。

●転出届の郵送
転出届のみ郵送でも受け付けてもらえます。
ただし、有効な「住民基本台帳カード」などが必要だったり、市町村によって条件が付けられているので、前もって電話で確認しておく必要があります。

<郵便での添付書類の例>
・届出書(転出元住所、転出者氏名、認印、生年月日、連絡先などを記入)
・返送用封筒
・身分証明書のコピー
・印鑑登録証

引越しお見積もり おすすめ情報

引越し価格ガイド
快適・スムーズに引越し業者を探したいなら「引越し価格ガイド」
簡単なフォームの入力をするだけでお住まいの地域の引越し業者最大10社から見積もりの連絡が届きます。
あなたにあった引越し業者を上手にお探しください。

おすすめ情報を見る