乳幼児医療 引越し前 手続き

乳幼児医療の手続き

引越し前の手続きとして乳幼児医療があります。
乳幼児医療資格証は、自治体によってまったく制度が違います。
ですから引越しによって他県へ移動する場合は旧居の市町村役所へ乳幼児医療資格証を返還し、新居の市町村役所で転入後に新しい乳幼児医療資格証を受けて下さい。
自治体によって制度は様々なので、保護者の所得によっては乳幼児医療資格証の対象から外れる可能性もあります。
<自治体による制度の例>
窓口でお金を支払っていた
二割分を支払ってから数ヵ月後に全額銀行口座に振り込まれた
一定額以上しか返ってこない
対象年齢は三歳まで
対象は小学校にあがるまで
対象は中学生まで

など、自治体によって様々です。


<転出手続き>
・乳幼児医療資格喪失届の手続き
乳幼児医療費受給資格者証を持っている人は乳幼児医療費受給資格者証と印鑑を持って、転出する日までに市区町村の役所へ届け出ます。
それが終わったら転出証明書を受け取ります。


※転出先で乳幼児医療の申請をする場合は、所得課税証明書が必要となる場合があります。転出先の市区町村に確認のうえ、市民課で所得課税証明書の交付を受けてから転出されると便利です。
証明が必要な年度については、転出先の市区町村に確認して下さい。

引越しお見積もり おすすめ情報

引越し価格ガイド
快適・スムーズに引越し業者を探したいなら「引越し価格ガイド」
簡単なフォームの入力をするだけでお住まいの地域の引越し業者最大10社から見積もりの連絡が届きます。
あなたにあった引越し業者を上手にお探しください。

おすすめ情報を見る