老人医療 引越し前 手続き

老人医療の手続き

引越し前の手続きとして老人医療があります。
今まで老人医療を受けるには、国保や社会保険などの医療保険制度に加入していることが必要となっていましたが、平成20年4月からは、後期高齢者は全て現在加入している国保や社会保険などの医療保険制度から、新しい後期高齢者医療制度に加入し直すことになりました。
平成20年4月1日から、75歳(一定の障害がある人は65歳)以上の人(後期高齢者)は、新たに独立した医療保険制度となる「後期高齢者医療制度」で医療を受けます。
新しい制度では、県内すべての市町村が加入する「広域連合」が保険料の計算や医療給付を行い、市町村では保険料の徴収と申請や届出の受付、保険証の発行などの窓口業務を行います。

平成20年3月まで
健康保険被保険者証(国保や社会保険から発行)+老人医療受給者証(市町村が発行)

平成20年4月から
後期高齢者医療被保険者証(県内すべての市町村加入の後期高齢者医療広域連合が発行) 
平成20年4月から、国保や社会保険などから発行されていた保険証と市町村が発行していた老人医療受給者証が一つになって、後期高齢者医療制度独自の後期高齢者保険証が1人に1枚交付。


<転出手続き>
後期高齢者保険証を持っている人は転出する日までに後期高齢者保険証・印鑑・被保険者証・口座情報(保険料の還付がある場合)を持って、市区町村の役所へ届け出ます。
それが終わったら転出証明書と負担区分証明書を受け取ります。

オーダーカーテン おすすめ情報

カーテンのことならLive Love Life【ライブ・ラブ・ライフ】
オンラインのオーダーカーテンならLive Love Life【ライブ・ラブ・ライフ】におまかせ!
生地見本を無料で送付してくれるから、安心して注文できます。

おすすめ情報を見る